K.T.A.U 

アニメ感想がメインのブログです。温故知新してます。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメティック】『SHIROBAKO』 感想【ラヴ】

2017-11-25
ANIME
※この内容は2015年当時のものです。

#1-12
作画が鬼のように安定していて、正直驚きます。また脚本もしっかりしているので殆どいらない回がない、つまり毎回第1話のように見ることができました。これだけでも非常に素晴らしいと思います。
そして肝心の内容ですが、これも見事に視聴者に「アニメ制作」というある種根本的な衝撃を与える事に成功していると思います。

まあ色々ありましたが、とにかくみゃーもりが可愛い。今期の女神枠ですかね。完成された人格で、きっと監督の理想像かなんかなんだろうな、と推測できます。

97点
個人的には2014年度ベスト作品ですね。また此処最近あまり見なくなった2クールものとしても近年最高クラスの出来だったのでは無いでしょうか。
兎にも角にも、先ず特筆すべき点はその質の高さと安定感。流石に後半に明らかにきわどくなった箇所がありましたが、それでも他作品に比べ圧倒的な安定感があったのではないでしょうか。
次にキャラクターの多様性と味の深さ。これまた他作品にはまず見られない多さの登場人物と、それぞれのキャラ付けの徹底ぶりには脱帽です。設定にものすごくこだわっている事がよくわかります。それだけでもかなり印象良くなりますね。
あとキャストもアタリですね。変にドル声優使わないで新人と中堅大御所で固めたのが良かったと思います。実際キャラとの相性もかなりの場合マッチしていたのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ: SHIROBAKO
ジャンル: アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © Taper All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。